薬剤師、幹部候補の求人情報を見つけるには

薬剤師、幹部候補の求人情報を見つけるには

調剤薬局やドラッグストアで働く薬剤師は、何年か経験を積むと 他の薬剤師やスタッフを統括する管理職としての役割を求められる ことがあります。 これは薬剤師だけではなくて他の職業でも同じですが、上の人の 指示で働くだけではなく、やがて指示する側に回ることになるのです。

薬局やドラッグストアでは薬局長や店長になるのが頂点ですが、 チェーン店ではさらに上の役職があります。 いくつかの店舗をまとめて管理するエリアマネージャーをはじめとして、 チェーン全体の経営に関わる幹部へと昇進していきます。

何年か薬剤師としての仕事をしてから管理職に就くのが自然という 気がしますが、最初から幹部になることを想定して入社する人もいます。 これは、薬局やドラッグストアが幹部候補として募集をかけた場合に 採用された人たちです。

幹部候補として採用された人は、若いうちから幹部になるための 経験を積んでいきます。最初は店舗で薬剤師としての仕事を することもありますが、多くはエリアマネージャーをまず経験します。

エリアマネージャーは一つの店舗にじっくり落ち着いて仕事をする のではなく、複数の店舗を回るのが仕事です。そのため自動車の 運転免許が必要です。 各店舗の距離が離れていれば移動距離も大きくなりますし、時には 他の地域へ出張することもあります。

たくさんの店舗を回っていろいろな人と会う仕事なので、人と スムーズにコミュニケーションを取れる人に向いています。 会社の経営に関わる重要な仕事をするため、幹部候補の給与は 高めに設定されています。また様々な手当がついたり、福利厚生が 充実していたりと、恵まれた環境で働けることが多いようです。

勤務時間は決まっていますが、定時になってすぐに帰れるような 仕事ではないことを覚悟しておかなければなりません。 休日であっても出社しなければならないことや、急な呼び出しも あるでしょう。

それでも幹部になれば周囲から認められる地位を獲得できますし、 大きなやり甲斐も感じられるようになります。 もし幹部候補としての転職を考えるなら、自分で探そうとせず、 転職サイトを利用することをおすすめします。

とくに薬剤師専門のサイトなら幹部候補の求人も豊富ですし、 コンサルタントが親身に相談にのってくれるので、かなり有利に 転職活動ができるのです。

↑ PAGE TOP