薬学部 国立と私立の違い

薬学部 国立と私立の違い

薬剤師になるためには、大学の薬学部を卒業して、国家試験に合格することが必要です。 薬学部のある大学は、国公立にも私立にもあるので、どちらがいいか悩んでいる人も 多いと思います。

もちろん薬剤師の試験に受かれば、どこの大学を出ていても構わないわけですが、 人によって試験の合格率が高い大学を選びたいとか、就職に強い学校を選びたい等 判断基準はそれぞれ異なることでしょう。

国立と私立の違いとしては、まず学費の差があげられます。当然ですが、私立大学の方が 学費は高くなっています。ですから、経済状況などで学費を第一に考えたい場合は、 国公立を選ぶことになると思います。

入学にあたっては、受験料や入学金、寄付金などいろいろなお金がかかるので、 トータルで検討する必要があります。

教育内容については、学校によりそれぞれ特色があります。一概に国立だから、 私立だからという区別はつけづらいので、パンフレットや大学のサイトなどを よくチェックする必要があります。

大学は資格を取得するための専門学校ではなく、あくまでも学問を追求する場所である、 という考え方が基本的にある学校では、試験対策よりも薬学そのものの勉強や 研究に重点を置いていることがあります。

大学では他では学べない専門的な知識を深めることが大切で、薬剤師になるための 試験対策は各自で行うべき、という考え方を持っているのでしょう。 反対に、薬剤師の国家試験に多くの学生を合格させるために、非常に熱心にサポート している大学もあります。

薬剤師になる場合、大学に6年間通うことになりますから、入りたい大学の特徴を しっかりと把握しておくことをおすすめします。 大学を卒業すれば資格が与えられるわけではなく、あくまでも国家試験に合格しないと 薬剤師にはなれません。

各大学が発表している国家試験の合格率を見ますと、 大学によってかなり差があることが分かります。 薬剤師の試験合格を重要な目標と考えるならば、国立・私立にかかわらず、 しっかりとした試験対策をしてくれる学校を選ぶのも一つの方法です。

↑ PAGE TOP