薬剤師になるまでのステップ

薬剤師になるまでのステップ

世の中にはいろいろな職業がありますが、資格を活かした仕事はいつの時代もニーズが あります。とくに医師や薬剤師・看護師など、医療系の資格は取得すれば生涯にわたって 活用することができ、生きていく上で大きな武器となります。

今は薬剤師の数が不足していることもあり、薬剤師の資格を持った人は薬局をはじめ ドラッグストアなどの店舗でも引く手あまたです。 女性も結婚や出産でブランクがあったとしても復帰しやすいこともあり、薬剤師という 職業は注目を集めています。

それでは、薬剤師になるためにはどのようなステップを踏めばいいのでしょうか? これから薬剤師を目指す方の参考になるように、分かりやすく説明していきますね。

まず、薬剤師は国家資格なので、厚生労働省が管轄する薬剤師国家試験に合格しなければ なりません。またこの試験は誰でも受けられるわけではなく、大学で6年間にわたり 薬学の課程を修めて卒業した人でないと受験できません。

薬学部は以前は4年制だったのですが、2006年から6年制課程が導入され、6年間 勉強しないと薬剤師の試験を受けられなくなりました。 それだけ薬剤師に求められるものが大きくなったということでしょう。

6年制が導入された後も、4年制の薬学部は存在していますが、こちらを卒業しても 薬剤師にはなれません。その代わり、企業で薬学の知識を活かした仕事についたり、 薬学の研究をする道があります。

4年制の薬学部を卒業した後で、やはり薬剤師をめざしたいと思った場合は、 大学院に進学して薬学の課程を修めれば国家試験を受けることができます。 ただし、これは2017までの特例措置となります。

薬剤師の試験は毎年1回、3月上旬に行われています。 大学を卒業する年に受験し、3月末の合格発表を待って4月から薬剤師として 働くことができるようになります。 薬剤師の試験内容ですが、全問マークシート方式の筆記試験になっています。 問題数は345問あり、2日間にわたって試験が行われます。

↑ PAGE TOP