優秀な薬剤師になるためにはコミュニケーション能力が必要

優秀な薬剤師になるためにはコミュニケーション能力が必要

薬剤師というと、薬の専門家というイメージを持っている人も多いかもしれません。 一般の人が薬剤師と関わるのは、薬局が多いと思います。 病院に行った後で処方箋を持って薬局に行き、そこで薬剤師に薬を出してもらうのですね。

でも実際は、薬剤師の仕事内容は多岐にわたっていて、一般の人からは分からない部分も たくさんあります。 医師が出した処方箋をもとに薬を出すだけではなく、患者さんとしっかり向き合って要望を汲み取ったりする必要もあるのです。

つまり薬にだけ興味を持っているようではダメで、人間についても関心を持ち、 コミュニケーション能力の高い人材が必要とされます。 以前薬学部は4年制でしたが、2006年には6年制がスタートし、薬剤師になるためには こちらで学ぶことが必要になりました。

6年生の課程では、半年間にわたる薬局病院実務実習が行われます。 つまり社会のニーズから、すぐれた薬剤師になるためにはより専門的に薬学を学ぶ必要が 出てきたわけです。

これまで通り4年制の教育課程も残ってはいますが、こちらを卒業しても薬剤師に なるための国家試験を受けることはできません。 文部科学省からは、「薬剤師として求められる基本的な資質」という資料が発表されています。 これを見れば、なぜ薬剤師になるために6年間もの教育が必要になるか分かるでしょう。

全文引用すると長くなりますので、見出しだけ抜粋しておきます。

・薬剤師としての心構え
・患者・生活者本位の視点
・コミュニケーション能力
・チーム医療への参画
・基礎的な科学力
・薬物療法における実践的能力
・地域の保健・医療における実践的能力
・研究能力
・自己研鑽
・教育能力

上記の項目を見ると、人間的な能力がかなり必要とされていることが読み取れます。 真摯に患者に向き合うのはもちろんですが、医療チームの一員として円滑に 振る舞えるような対人スキルも重要なのです。

なかなかハードルが高く、難しいものに思われるかもしれませんが、薬学部では これらが身につくようなカリキュラムが組まれていますので、真剣に取り組めば 徐々に身についていくでしょう。

↑ PAGE TOP