薬剤師転職サイト > しっかり活用して有利な転職を

薬剤師転職サイト-しっかり活用して有利な転職を

薬剤師として条件のよい職場に就職できたとしても、人間ですからやはり、不満を感じることもあると思います。それは、お給料についてであったり、職場の人間関係であったり、もしくは自分の抱いていたイメージと実際の仕事が違っていたり、すべてがすべてうまくいくわけではありません。そんなとき誰もが、転職という選択肢を考えることがあると思います。
夜間・深夜のアルバイト薬剤師求人の探し方

薬剤師は資格を持っている人が限られているため、転職先に困ることがないほど引く手あまたと言われています。さらに薬剤師の求人は条件がよく、給料もなかなかの金額が望めます。いま働いている職場に不満があっても、すぐに転職すればいいと考える人も多いと思います。

事務職や単純作業の多い職種の場合、転職先を探すのが難しくなってしまいますが、薬剤師の場合は、あまり強くこだわらなければ、比較的簡単に再就職をすることができます。もしも自力で転職先を見つけて、アポをとったりと転職活動ができるのであれば、それでもよいでしょう。

しかし、せっかく転職に成功しても、またすぐにやめることになってしまっては意味がありません。前の職場から転職を考えるのにも何か理由があったはずです。新しい職場ではその理由をクリアできるのか、慎重に考えて仕事場を選ばなくてはなりません。

最近では、薬剤師などの転職に関する専門のサービスを行う転職支援サイトが増えてきたので、それらをうまく利用するのがよいでしょう。以下のサイトでは、薬剤師の転職支援サイトの比較紹介をしているので、ぜひ活用してください。

転職サイト、どんないいことがあるの?

「転職をしたい!」そう決めたとき、まず最初に転職先を見つけなければなりません。自力で探すのも結構ですが、これが意外と難しいものなのです。現在薬剤師は人手不足のため、勤務条件を考慮しなければ、比較的簡単に転職先を見つけることができます。しかし、好条件の求人にはどうしても応募が殺到してしまうため、自力での求人活動は常に求人情報をチェックしておかなければいけない手間がついてまわります。
福岡県薬剤師会 :: ホーム

また、自分の希望条件に合った勤務先を見つけたとき、中にはどうしても譲れない条件がある場合もあります。そういったときに、自分で交渉をするのはかなりのストレスになります。そんな問題も転職支援サイトを利用すれば代わりに交渉を行ってくれるのです。

管理薬剤師の収入事情

管理薬剤師は薬剤師の上の立場だとも言うことができます。薬の製造や販売、取扱いなどの業務に関して責務を持っています。薬剤師から管理薬剤師になると仕事の内容も変わってくるため、薬剤師の頃には知らなくて良かったような知識も必要とされるでしょう。

また、担当業務も増えるため、仕事も忙しくなるのが一般的です。自分の仕事だけでなく、パートやアルバイトスタッフのマネジメント業務が関わってくることもあり、様々なシーンで活躍できると同時に、責任も大きいです。

そのような立場にある管理薬剤師なので、当然、薬剤師に比べると収入面でも条件が良くなります。管理薬剤師の収入の中で特にポイントになってくるのが、管理職であることに対する手当です。

この手当は、年間で平均すると約30万円から50万円ほどになる場合が多いです。1ヶ月あたり2.5万円から4万円程度ですね。この手当が大きいこともあり、管理薬剤師の平均年収は600万円前後と高額になっています。管理薬剤師ではなく薬剤師との差は約100万円と言われています。

大手の薬局に勤めたり、ドラッグストアの店長として働く場合、更に上の年収700万円台、800万円台を稼いでいる人も珍しくありません。薬剤師として働いて年収800万円を達成することはほとんど不可能なので、管理薬剤師の収入が高いということが分かるかと思います。

将来薬局を開業したいと思っている場合は、管理薬剤師としてできるだけ長く勤め、その経験を活かしてみてはどうでしょうか。確かに仕事内容はハードになりますが、それに見合った収入を得ることができるようになるはずです。

一般的に昇給を目指すためには新たに資格を取得したりする必要があると言われていますが、管理薬剤師は薬剤師の資格だけで目指さすことができるのも魅力です。転職をして収入をアップさせるという方法もありますが、現在の収入では満足できないという薬剤師は、管理薬剤師を目指してがんばってみましょう。

漢方薬局への転職

漢方薬局で取り扱うお薬は漢方・生薬ですね。こういったお薬は実効性こそ望めませんが、新薬による副作用を懸念する患者さんや漢方の優しい効き目に魅力を感じる方も少なくなく、評判は良いようです。

ですが、ドラッグストアに販売される漢方薬は薬剤メーカーによって調剤されたものが販売されていますし、東洋医学を専門にする医療機関の数は少なく、漢方薬が処方される事もあまりありません。人気が高いようにも見えますが、そのニーズは意外と低いようです。

そんな〈漢方薬局〉でのお仕事ですが、漢方薬を販売するのでその知識はもちろん、実は対人スキルが大きく必要とされる業種です。というのも、漢方薬はそのほとんどが保険が適応されません。

長期服用をする必要がある利用者さんの場合、経済的リスクは高くより適したお薬をお奨めできるかどうかが大変重要になってきます。高いお金を払って、体に合わないものを買うのは誰だって嫌ですもんね。

健康相談や体調の様子をしっかり聞いてその人その人にピッタリな漢方を調剤するには、利用者さんとのコミュニケーションは不可欠なのです。ですので、人と話すのが好きな方に適した業種だといえるでしょう。

また、漢方薬局の薬剤師を目指すならチェックしておかなければいけないのが〈資格〉です。漢方薬局で働く薬剤師になる為には、薬剤師の資格を取った上で漢方薬剤師の資格を取得する必要があります。この資格は「漢方薬・生薬認定薬剤師」という正式名称です。

民間の資格ですが、この受験の為に薬剤師の資格がまず必要なのです。また、漢方薬剤師の資格は三年ごとに更新がありますので、常に勉強が必要ですね。もしも既に薬剤師の資格を持っているのであれば、漢方薬剤師取得を目指して漢方薬局で働いてみる、というのもいいかもしれませんね。

百聞は一見に如かず。現場の知識は勉強だけの知識より大きな収穫があるはずです。確かにニーズは少ない業種ですが、患者さん・利用者さんとの距離が近いすてきなお仕事です。転職を目指す方は、是非夢を叶えて下さい。